TOP 会社情報 品質保証 製品紹介 採用情報 お問い合わせ
TOP 》製品紹介 》獣害対策関連商品

■会社情報

■品質保証

■製品紹介 ●BRS工法 ・用途&メリット ・製品特徴 ・組み立て方 ・受注〜納品 ・ラインナップ ●ラスパネル ・用途&メリット ・部材リスト ・受注〜納品 ・施工手順 ●溶接金網/特殊金網 ●その他 ・獣害対策(イノ除けフェンス) ・獣害対策(シカ防護柵) ・獣害対策(組立て式はこ罠) ・からまる棒

■採用情報

■お問い合わせ


獣害対策 



 シカ防護柵
シカの生態に基づいて制作した画期的な防護柵です。
大切な農作物をシカの被害から守るため、シカの生態に基づいて開発した、画期的な防護柵です。
市販されている金網と違い、シカの習性を考慮し、縦横で網目サイズを変えてあるため『軽量化』『省力化』を図れ施工も楽にできます。
設置は、支柱を打ち込み、防護柵を並べて針金等で結束して完成です。
※防護柵設置後も、周りの木々に溶け込み景観をくずしません。

    ◆シカ防護柵の特徴
  1. 網目サイズは、よこ10cm×たて30cmになっており、1枚あたり約9kgと軽量化を実現。
  2. 防護柵の両隅は、横線が突き出ていないので防護柵の結束が容易にできます。
  3. 地面に刺し込むことにより、防護柵が自立するので設置作業効率が上がります。 ※1
  4. 下部37cmを、地中に刺し込み設置するので、仮にイノシシが来ても鼻で掘り返し侵入するのを防ぎます。
  5. 地面に37cm刺し込んだ状態で、地面から先端まで1.8mあり、跳び越えての侵入を防ぎます。
    また、刺し込みが困難な場合は逆さにして設置し、高さ1.87mの柵となります。
  6. 一番下の横線に足を掛けて踏み込み、地面に刺し込むことができます。(下図参照) ※2
※1 軟弱地では自立しない可能性もあります。
※2 地面が硬い場合は無理に刺し込む必要はありません。逆さにして、設置してください。

足を掛け踏み込み、差し込みます。