TOP 会社情報 品質保証 製品紹介 採用情報 お問い合わせ
TOP》製品紹介》BRS工法》製品特徴

■会社情報

■品質保証

■製品紹介 ●BRS工法 ・用途&メリット ・製品特徴 ・組み立て方 ・受注〜納品 ・ラインナップ ●ラスパネル ・用途&メリット ・部材リスト ・受注〜納品 ・施工手順 ●溶接金網/特殊金網 ●その他 ・獣害対策(イノ除けフェンス) ・獣害対策(シカ防護柵) ・獣害対策(組立て式はこ罠) ・からまる棒

■採用情報

■お問い合わせ


高精度・高耐久な基礎鉄筋ユニットで、信頼性の高い住宅基礎づくりに貢献します。




 製品特徴

「全強度鉄筋交差溶接」(Aタイプ)採用のBRS工法とは・・・
母材のJIS規格降伏点強度よりも強い「全強度鉄筋交差溶接」で、加工する組立鉄筋。せん断強度が強く、
溶接面が剥がれる前に母材が切れてしまうくらい強い溶接です。

全強度鉄筋交差溶接


全強度鉄筋交差溶接と従来型スポット溶接の性能比較



厳しい品質検査を実施しています。
安心してお使いいただける基礎鉄筋ユニットを供給するために、
各製品の生産に際しては厳しい品質検査を実施しています。



使用材料/鉄筋 組合せ

※鉄筋/SD295A(D10、D13、D16) SD345(D19、D22)
※コンクリート/普通コンクリート Fc=18〜30N/m